思い出の景色になるまえに。(京成立石/しらかわ)

飲み歩き
ちょっとだけ広告です。。。

 

『立石駅北口再開発』

何年も前からそのウワサは耳にしていたが、

ついにこの夏、それが現実のものとなる。

地元の酒飲みだけではなく、都内の、いや、全国の酒飲みたちに愛される『呑んべ横丁』を擁する立石北口の飲み屋街。

これらが取り壊しとなり、

思い出の景色となる前に、、、

いま一度、この街で飲み歩かねばっ🍺✨😆

ってことで久しぶりに立石を訪問🚃✨

まず最初に訪れたのが、

呑んべ横丁内の『しらかわ』さん✨

どうです⁉️この佇まい😄

なかなかのDEEP感じゃないですか😆❓

入ろうかな、どうしようかなと、暖簾の前で二の足を踏んでしまったが、

ここは意を決してリングイン✨

店内に一歩足を踏み入れると、

そこはもう映画のセットのような世界。

いい意味で全てが茶色い😃

今年80才になられたお母さまがひとりで切り盛りされ、

先客の赤いアロハを着た先輩が、静かに飲ってらっしゃる🍺

とりあえず喉がカラカラなのでレモンハイを頂き、

ここは一気にゴキュッゴキュ〜✨

っと飲ろうと思ったが、

ひとくち飲んでビックリ❗️

焼酎がめちゃめちゃ濃い💦

ケミカルなアルコール感の液体が、

『いま喉を通過します〜』

『はい食道を通り過ぎました〜』

『まもなく胃です〜』

存在感強めにカラダを通過していく。。。

もしかしてこれが巷でウワサの『殺人ハイ』。。。

レディキラーどころではない濃さだ。。。

(後ほど確認すると、グラスの8割ぐらいまで焼酎をいれてましたw)

一杯目でいきなり酔い感じになり、

ふと、お隣の先輩に目をやると、

どこから持ってきたのか、アイスの『スーパーカップ』で飲ってらっしゃる💦

きっと、この突き抜けるようなアルコール感を、

スーパーカップで中和されてるのですね😏

先輩っ勉強になります😆

ひと段落したところで、

お母さまにお話を伺ってみると、

40年前にこの場所で店を始め、

福島県白河市の出身とのことで屋号を『しらかわ』とされたとのこと。

2階建ての2階の部分も含めて賃料を支払っているが、

いまだにどこから2階に上がるのかわからないんだそうです😆

そんなチャーミングなお母さま。

『立ち退きの後はどこかでやられるんですか?』

と聞くと、

『どこも紹介してもらえないし何も決まってないわよ』

と肩を落とされる。。。

『もうこの歳だからこの場所が無くなるとねぇ、あっという間にボケて死んでいくんだろうねぇ〜』

『多少の立ち退き料はもらったけど、欲しいのはそんなもんじゃないんだよねぇ〜』

と目を細めるお姿に、

なんとも言えない、いたたまれない気持ちになる。。。

『お母さま、レモンハイおかわり下さい!』

『もうちょい濃い目で!』

きっとこの酒場には、

これぐらいの濃さがちょうどいいんだろうな〜

なんとなく、そんな気がした😌

 

 

そして翌日。。。

 

お母さまから、

 

『明日NHKで立石やるのよ〜』

 

と教えていただいたので、ちゃんと録画しました!

 

ちゃっかりスーパーカップ先輩もNHKデビューしてるし(笑)

暇だからwww

昨日と同じツマミで、

正座で拝見させていただきました〜😆

閉店はお盆も営業したのちの8/19を予定されているとのこと。

必ずまた顔を出します✨

ごちそうさまでした😊

しらかわ

完読ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました