DEEPな祭りで飲ってきたよ!(南千住/山谷 玉姫公園)

飲み歩き
ちょっとだけ広告です。。。

 

子供だけではなく、大人だってウキウキしちゃうのが『夏祭り』✨

祭りの本来の目的は『神様に感謝する』とか、

桜祭りや雪祭りみたいに『季節を祝う』

みたいなものがルーツになるのでしょうが、

ここ日雇い労働者の街、通称ドヤ街の『山谷夏祭り』はそうではない😏

柔らかな日差しが玉姫公園を包む。

彼らにとってお盆休みとは、

数日間仕事が無くなるのが当たり前で、

その間メシが食えなくなる者も出てくるのだとか。

つまり、日雇い労働者にとってお盆休みは死活問題。

拾い集める空き缶のほとんどがアルコール飲料なのも山谷ならでは。

そこで、

『誰ひとり、飢え死にさせない!』

みたいなスローガンで無料の炊き出しや酒を振る舞い、

『お盆明けまで命を繋ごうぜ!』

というのがこの祭りのルーツ。

3日間炊き出しが行われた模様。

エッジの効いたメッセージが叫ばれる。

 

 

そういうわけで、特に何かの神に感謝してないし、何かを祝う気もおそらくない😆

当然、そこには髪をアップにしたような浴衣姿の女子もいなければ、

視界に入る黒髪のロングヘアーは全て

 

 

特殊なおじさん

 

 

ということになり、

甘酸っぱい夏の思い出が胸に刻まれることもなさそうだ😅

そんなDEEPな祭りだからか、ネット上でも事前情報が皆無で、

なんとなく、『8/13〜15に開催されるであろう』ぐらいのふわっとした情報の上に、

台風7号の接近とコロナの影響で本当に開催されるのかどうかもわからない状況だったけど、

いざ、ダメ元で来てみると、

そんな心配をヨソに、大勢の先輩方がずらりと集結してました😆

ずらり。

17:30OPENの玉姫公園の前にずらっと並ぶ先輩方。

行列の最後尾が見えないほどずらり。

開場と同時に公園内に流れ込み、

お目当ての無料のカキ氷やウーロンハイを手にするとさっさとどっかに消えていく者や、

『ひとり1回まで』のルールがあるにも関わらず

もう1杯貰おうと再び列に並ぶ者もいるが、

列を整理してる運営側のチェックの前にあっさりと砕け散る😆

運営の方に並び直しを命じられる者や、貰ったばかりのかき氷を片手に禁断の2巡目に並ぶ者もいる。

⁡ 

 

『なんだよ!オレまだ貰ってねーよ!!』

と食い下がる者もいるが、

その手には貰ったばかりのカキ氷が夕方の斜光に光る🤣🍧✨

開場からしばらくして、

そんな入場者達のわちゃわちゃが落ち着いた頃合いを見計らって公園に入ると、

運営の方から僕にも炊き出しのカレーライスが手渡された🍛

相当な数が用意されてたパッケージ済みのカレーライス。

それが目当てで来たわけじゃないが、

『余ってもしょうがないんで、、、良ければどうぞ』

の言葉に甘え、

ちゃっかりカキ氷もセットで頂いてしまった🍛🍧😄

と同時に特設開場からは『ビールの早飲み大会』の参加者を募る呼びかけがあり、

我れ先にと先輩方が殺到するのかと思いきや意外とそうでもなく、

定員20名のうち10名ほどしか集まらなかったので、

しかたなく、

 

いやほんと、やむを得ず、、、

少しでも暑い中で頑張られている運営さんの進行の“お役に立てれば”と思い、

僭越ながら早飲み大会にエントリー😆🍺✨

スーパードライ 334mlが競技用ドリンク。

ルールは5名ずつで早飲みを競い、その勝者たちで2回戦目の早飲みをし、そこで優勝者を決めるというもの。

うっすらと予感はしてたのだが、

勝敗がどうこうではなく、シンプルにビールが飲みたいだけの先輩も混じってたので、

不覚にも決勝戦へ進出してしまった😅

そしていざ決勝戦。

スタートの合図の前に、ひとりの挑戦者から質問がでる。

『これ勝ったら何かくれんのかー?』

この一言に挑戦者一同、

 

『あ、たしかに!』

え、なんか貰えんの?』

みたいな空気になるが、進行役からは

『タダでビール2本飲めたのが商品で〜す。』

と冷静に言い放たれ、一同、『おぉぉ、、、』とナゾの説得力に納得😆

商品が無いのならばと最後は競うこともなく、

各自テキトーに口をつけて飲んだフリをし、

あえて飲み残した瓶ビールを席に持ち帰り、

ゆっくりとそれぞれのペースで飲り直す🍺😆

なんとも平和な早飲みしない早飲み大会のフィナーレだ🤣

 

 

決勝戦に飛び入り参加したお母様。シード権持ってらっしゃたんですねwww

全て無料で頂いてしまいました。

そんなこんなで祭りも終盤。

バンド演奏による昭和歌謡ショーが始まり、

 

 

美空ひばりの『愛燦燦』が歌われる。

 

 

僕も好きな曲だ。

ビールを一気飲みしたせいか、いつもより酔いがまわり、

心地酔い気分も手伝って僕も先輩達と一緒に合唱する😄

完全にドヤ街の先輩たちとひとつになれた瞬間。

ほんの少しだけ胸がアツくなった😆

サマソニでも

フジロックでもない、

“特殊な”夏のフェスが人知れぬ公園にありました😆

⁡ 

桃1個100円は破格ですね!

⁡ 

 

はっぽう三西 100円。 コンビニより安くないですか?(笑)

 

 

飛び入り参加のシードお母様とパチリ。

 

 ごちそうさまでした〜🍛🍧😋✨

  

 

 玉姫公園

完読ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました